クルマが好き
愛車のメンテ、改造情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコンフィルター
エアコンフィルターって、
今のクルマは大抵付いていると思います。
でも、私の愛車ウィンダム20系前期は
フィルターが付いて無かったんですよね、今まで。。

私も何回かディーラーに聞いたりしたんだけど、
やっぱりないってこと。
それが、同じ年式でも設定によって付いてる場合もあって
その違いだけだったんだけど。。

最近、やっぱり私のクルマと同じ型のウィンダムがフィルターを交換したサイトを発見。
やっぱりあるんじゃないのってもう一度調べたら、
どうやらフィルターは付いていないけど、フィルターが入るスペースは用意されていて
同じ年式のフィルターをポン付けで付けられるとのこと。

早速、フィルター収納場所を開けてみました。
運転席左足下の内ばりを剥がすと蓋が見えて
その蓋を開けてフィルターを装着するんですね。

今までずっと思っていたのですが、
以前は私は喫煙者で、いつもエアコンを外気導入に設定していましたが、
吹き出し口がどうしても埃っぽくなると悩んでいました。
これもフィルターが無いのが原因だとは思っていましたが、
フィルターを付けたらやっぱり風がクリーンなんですよ^^
花粉も抑制するそうで、かなり満足。
交換した記事を見ると、
年数が経つと虫やらゴミやら凄いらしく、
「じゃあ、今までの自分のクルマはみんな吸い込んでいたの??」
って感じ。

風量が多少弱くなってしまうんじゃないかと思っていましたが、
そんなこと全然ありませんでした。
上手く作ってありますね。(って当たり前か。。)

でも、こんななら初めからフィルターくらい付けてくれても良いじゃんって
凄く思いますね。
だって、フィルターも入れるようのスペースまで作ってあって(量産の経費削減だろうけど)
フィルター自体4500円。
フィルター有り、無しを分ける意味が分かりません。。

まあ、見えない部分だけど、
また気持ち良くクルマに乗れますね^^
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。