クルマが好き
愛車のメンテ、改造情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長く使い込む
愛車を長く乗り潰す人が増えています。
潰すって言っていますが、
当然悪い意味じゃなくて、壊れたりしたところを直しながら
長く大事に乗る事を言っています。

不況のためという悲しい理由もありますが、
長く大事に乗るってことは、
日本人の昔から持っている“勿体ない”精神に通じますね。

現代の車ってそう簡単には壊れません。
タイヤだって、一昔前は頻繁にパンクしていましたが、
今はほとんどありませんよね。

スペアタイアを積まなくても車検に通ってしまうのは、
タイヤの耐久性が格段に上がったから。
(代わりにパンク修理スプレーの搭載を義務付けていますけど)

そのほか、駄目になるのはゴム関連部品だけ。
ブッシュやオイルシール、ドアパッキンなどなど。
そういったところを交換していけば大抵安心して乗る事が出来ます。

大事なのは、タイミングベルトとオートマオイル、サスペンションと言ったところ。
エンジンが駄目になるとか、足回りは乗り心地に一番影響するところ。
そういった重要なところを管理すれば、
あなたの愛車だって、20年は乗れちゃいますよ。

私の車は既に13年落ち。
でも、かなり快適に乗り込んでいますよ^^
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。