クルマが好き
愛車のメンテ、改造情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピードを出す
高速道路をかっ飛ばすと
ボンネットに虫が潰れていること、
ありませんか?

まさに
虫がクルマに轢かれた状態です。
虫ぐらいの軽さなら
風と一緒に流れていってしまいそうですが、
完全に潰れてクルマにくっ付いています。

この虫の死骸、
クルマの塗装にはとても悪いものだったりします。
長期に放っておくと
塗装に点々とサビが発生したりします。
高速を降りたら確認しましょう。

ちなみに、
走っているクルマの風抵抗、
以前のクルマに比べて格段に技力アップしています。
抵抗が少なければ、
その分、クルマの安定性が出て、
スピードが出て、車内騒音が少ない。
いいこと尽くめです。

大型車は小型車より抵抗が多いかといったら
そうでもありません。
レクサスLSなどは、
並のスポーツカーよりも風抵抗が少なく、
静かです。
乗りたいですね。

あと、
ドア枠に雨よけバイザーを付けると
騒音は一気に上がります。
風を巻き込んで、音が発生してしまうからです。
要らないかといったら、そうでもなく
雨が降ったときには欲しくなりますよね。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。